明治から昭和初期にかけて北海道でポピュラーな存在だった「八列とうきび」。
昭和40年頃からスウィートコーンの進出で、ほとんど栽培されなくなったそう。
北海道出身の僕も一度も見たことも食べたこともなかった。
スウィートコーンと違って粒が大きめで少し歯ごたえがあり、甘すぎずおいしい。
昔、大通公園の焼きとうきびといえばこの八列とうきびだったそうだ。

そんな今にも無くなりそうなこのとうきびを作ろうと決めた人たちに会いに行った。

連載:文=瀬川慧  編集=里見美香