今回の連載は岐阜県の原木椎茸。

震災後の放射能汚染で原木椎茸の生産が危ぶまれているということすら知らなかった。

生産者の横田さんのお話から、椎茸を作るということは、

森を作ることなんだということを初めて知った。

次、そのまた次の世代が椎茸を作れるように今、クヌギを植える。

40歳そこそこで自分が死んだ後のことを当たり前のように話す横田さん。

そして決して見ることのできない100年後のクヌギの森を思い、なんだかうれしくなった。