全国の小さな本屋さん23店を著者の和氣さんと巡った痕跡が一冊の本にまとまりました。

どれとして同じ本屋さんはなく、みんなそれぞれの生き方を本屋に投影している感じに感銘を受けました。

著者:和氣正幸(BOOKSHOP LOVER)  デザイン:芝晶子(文教図案室) 編集:筒井美穂(X-Knowledge) 写真:砺波周平

以下、エクスナレッジHPより紹介文を抜粋。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

日本全国の小さいけれども
わざわざ行きたい、素敵な本屋さん、集めました。

小さくても個性的な本屋は全国各地にたくさんあります。
本好きが高じて生まれた店もあれば
地域の人が自宅と仕事場以外でホッとできる場所をつくりたくてはじまった店も
地域で最古級の店も、なかには深夜にだけ開く風変わりな店もあります。 一店一店が特別で唯一無二の存在です。

一冊一冊の本やその並び、背表紙の手触り、流れるBGM、漂ってくる匂い。
それらすべてが合わさって、その本屋を構成しています。
本屋はただ行くだけで、五感全てを楽しませてくれるのです。
本書では、そんな23店の本屋を紹介します。

■著者
和氣正幸(BOOKSHOP LOVER)
ライター。1985年生まれ、早稲田大学文学部卒。
サラリーマンを続ける傍ら、2010年より小さな本屋の魅力を伝える活動「BOOKSHOP LOVER」をはじめる。
現在は独立。Webや雑誌などを中心に、本屋と本に関する活動を多岐にわたり行う。

著書に『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』(GB)がある。