日本の高度経済成長期から今に至るまで、日本の住環境に合わせた風呂釜とガス給湯器で人々の暮らしを支えてきているモリタ工業。

最新鋭の設備と技術を取り入れながらも、最初期に人の手で作られていた機器も

いまだ作り修理も続けている。

それはまさに熟練の職人さんたちがいるから、成り立っているのだと思った。

そして、それぞれが一心に物作りを続けているその現場はまるで神社仏閣にきているかのように神聖な空気に包まれていた。

デザイン、制作:desegno ltd 

https://www.moritakk.co.jp/